腐ったゲーム箱

SwitchとBLゲームのプレイ日記です。

BLゲーム ラッキードッグ1 【10周年おめでとう】おすすめ派生作品や+Bad eggの感想

『ラッキードッグ1』(※以下、ラキド)の10周年を記念して記事を上げました。ラキドを知らない人にも読んでもらえるよう、ネタバレなしで作成してます。

 

 

ラッキードッグ1について


BLゲームで有名どころやおすすめを上げろと言ったら、ほぼ必ずと言っていいくらいこのタイトルが出てくるんじゃないだろうか。

コミカライズに舞台化と、BLゲームが興味ない人も「タイトルくらいは耳にしたことがある」なんて人もいるかもしれない。

そんなラキドも2019年6月10日で10周年を迎えました。


10周年を記念して、グッズ販売やイラスト展も開催されています。

私とラキドの出会いですが…BLゲーム大好きブロガーさんに、「これ面白いからやってみてよ!」とおすすめされたのがきっかけで、発売してずいぶん経ってから手に取っています。

  


アニメイトオンライン BLゲーム ラッキードッグ1 ベストプライス版


ゲーム内容は、1930年代のアメリ禁酒法時代が舞台になったマフィアもの。

ストーリーは簡単に説明すると、主人公であるマフィア下っ端構成員のジャンさんが、最終的に組織のボスになる話。

彼はものすごい強運の持ち主でもあり、別名「ラッキードッグ」とも呼ばれている。

ここまで聞くと「運の良い体質だからボスになれたんでないの?」と思うかもしれない。実際プレイする前の私がそうだったように…。

ところがフタを開けてみたら全くそんなことはなかった。

運がいい!というシーンは確かにあるけど、最終的にボスになれたのは、彼の人柄や言動からくるものであって、決してご都合主義のゲームではない。

攻略対象は全員CR:5という組織の幹部4人。ほんと月並みな言い方しかできないけど、みんなとにかく魅力的。

各ルートではそんなキャラの強み弱みが余すことなく描かれている。

このゲームのコンセプトが『スタイリッシュ』ということで、OPもそうなんですが、絵もシナリオも本当に爽快でスコーン!と突き抜けたような感じ。


LuckyDog1 Demo


それと私がこのゲームを気に入っている大きな理由なんですが、人間模様がすごく面白いところですかね。

マフィアものになるので、当然お金やら裏切りやら野望みたいのがぐるぐるしてます。組織の仲間内でもどこか腹の探り合いがあって、全部が全部信用してるワケでない部分がある。

ゲームのスタートは刑務所内となり、ここから全員で脱獄することが最初の目的となります。

f:id:penkichi_201902:20190602225459p:plain


ジャンさんがCR:5に加わったことで、ボロボロ状態の組織をどう立て直していくか。

組織を立て直すはつまり、幹部たちの内面にどう影響を与えていくかが見どころかと思ってます。

 

全体的に話がとてもわかりやすく、重すぎないところもいいです。これ書いてたらまたプレイしたくなってきました。しばらくするとまた遊びたくなる作品ですね。
 

おすすめしたい派生作品


ラキドは派生作品多いことでも知られてます。

もし今後やってみようかなと思っているけど、何からやればいいのかわからん。もしくはとりあえず1本、という方へ向けてゲーム作品のみ紹介。

ゲームディスクとして発売したタイトルが以下4作品となります。その中でも『Secret Diary L&F』は是非やってみて欲しいです。


2011年8月 Gian・carlo’S LUCKY HAPPY LIFE

2012年4月 ジャンのためなら世界を壊す

2014年12月 5th anniversary Secret Diary L&F

2016年2月 RAKIDO Mania

 

Secret DiaryはLとFで2本。1~3周年記念で発売されたアニバーサリー本6冊分ビジュアルノベル化したものです。



アニメイトオンライン BLゲーム ラッキードッグ1 Secret Diary L


アニメイトオンライン BLゲーム ラッキードッグ1 Secret Diary F


中身はCR:5各キャラとの甘くエロい話や、とんでもなくぶっ飛んだものなど。とにかく多種多様なエピソードが収録されています。

選択肢などはなく、基本は読むタイプの作品。ボイスはありません。

CR:5以外にも掃除屋ラグトリフ、敵として登場していたバクシーの話もあります。

特にこの2人はゲームの中で多くは語られていないので、貴重なSSなのではないかと思ってます。

それともし!この後紹介している『ラッキードッグ1 +bad egg』(※以下、悪卵)をプレイされるのであれば、尚のことおすすめしたい。

 

理由は2つ。

 

〇アレッサンドロの若かりし頃の話

 

『Secret Diary L』内の「Say one's vows」ですが、これCR:5初代のボス、アレッサンドロがまだ若かった頃の話で、彼の仲間も一緒に登場してます。

悪卵ではジャンさんの出生に関わるシーンがあるのですが、回想的にアレッサンドロ含めこの仲間たちも出てくるのです。

 

f:id:penkichi_201902:20190609025056j:plain


事前にどんな人物でどんな関係なのか知っておくと、よりスムーズに深く理解できるのではないかなと…。

 

〇ジュリオのアフターストーリー

 

悪卵には、本編エンドその後を描いたCR:5のアフターストーリーも収録されています。

特にジュリオに関しては、本編後の様子がゲーム特典SSやドラマCDなど、基本話が繋がっているものが多いです。

『Secret Diary F』の「Dog stela Dog stella(前編・後編)」は鉱山の話で、アフターにこの話が絡んでます。

もうね、アフターラストでは「Dog stela Dog stella」のスチルやテキストが走馬灯のように脳内を流れていきましたよ。

もし可能なら、これを読んでからジュリオアフターをして欲しいです。というか、「Dog stela Dog stella」だけでもすごく面白いので是非!

私、戦うジュリオに震えましたから。

もちろん「読んでないからアフターストーリーがわからん!」ってことないので、そのあたりは安心してください。



この2つに限らず『Secret Diary 』全体を通してプレイすると、CR:5がいかに様々な人の繋がりで成り立っているのかが見えてくかと思います。

古くから組織を支えてきたオヤジたちの思いは受け継ぎつつも、新しい世代が時代の変化に適応していく様子が、いろんなSSにちりばめられている。

そんな激動の中、彼等が活躍するシーンを思う存分堪能してみて欲しいのです。というわけで『Secret Diary L&F』おすすめ。

 

ラッキードッグ1 +bad egg 感想

 

度重なる延期を経て、2018年12月ようやく発売となりました。

そしてジュリオ以外の声優さんがすべて変更になっています。これを知った時は、それはそれはショックで…。しばらく落ち込みましたねー、ほんとに。

それでもまたラキド作品を遊べることが本当に嬉しかったです。

発売日が12/28だったので、年末年始休みでプレイ。すんごいボリュームで、休暇の70%くらいを費やしてフルコンプしました。


こちらのタイトル、以前は敵だったバクシーのみが攻略可能。プラス、本編各キャラエンド後のアフターストーリーが収録されてます。

 


LuckyDog1+badegg PV


CR:5とは敵対関係に!?

本来CR:5と脱獄する予定が、望まない形でバクシーと刑務所を後にすることに…。

雑誌のインタビューで『よりバイオレンスでより密度の高い内容』と言われていたように、本編とはガラリと印象が変わっています。

あぁ、まさにその通りだよ。

ここまで来るのに犠牲にしたものや、常に死と隣り合わせ状態が長く続き、脱獄編が終わるころの私は相当参っていた。

脱獄後、ジャンさんの中で生まれた絶望感や仲間への疑惑。そういった黒い感情がぶわわわっと噴き出していく様子がなんとも痛々しい。


そしてバクシーについて。

ラキドを終えた頃の私のイメージ。ひとことで言うと不死身のキチガイ野郎。

『Secret Diary』で若干見方が変わりましたが、基本キチガイですね。この人がどうやったらジャンさんと恋仲になるのか、正直まったく想像ができませんでした。

f:id:penkichi_201902:20190609025122j:plain


バクシーの変化については、是非プレイして確認して欲しいです。色んな意味で衝撃的だったので。

破天荒でデタラメなバクシーですが、実はかなりの慎重派。それは戦闘においても、ジャンさんに対してもです。

最後のデイバン編で彼が自らの心情を吐露したとき、この性格や今までの行動の意味が繋がってくるかと思います。

とにかくバクシーの彼氏っぷりがすごいので、ここでガッツリ萌えてください。


悪卵では新しく4人のキャラが登場し、様々な面からサポートしてくれます。

4人はジャンさんに魅せられ行動を共にしますが、彼等にもきちんとした背景があります。

悪卵のボリュームがすごいのは、こうしたところまで細かく描かれているからなんでしょうね。 

本当はもっと語りたいのですが、長くなってしまうのでこのへんで。


CR:5とケリとつけるため、ジャンさんが取った行動とは!

熱く激しい戦闘シーンも必見!プレイする機会がありましたら、彼らの行く末をどうか最後まで見届けてください。

 

アニメイトオンライン BLゲーム ラッキードッグ1 +bedegg 通常版

 

 

 

※ゲーム画像の著作権はTennenoujiにあります。二次転載禁止です。

f:id:penkichi_201902:20190609111530j:plain

公式サイトへ画像使用を申請済みです。