腐ったゲーム箱

SwitchとBLゲームのプレイ日記です。

BLゲーム みずたま BLT 感想1 夏だからみずたま始めました

夏だぜー!
プールだぜー!!
水球だぜー!!!

 

てなわけで、BLTの『みずたま』始めました。

 

f:id:penkichi_201902:20190813132119j:plain

 

この前にやったゲーム『Paradise』繋がりで休養沢ライチさんのゲーム探してたら、お手頃価格で見つけたので購入してみました。

実は購入する前に、他の方の感想などをチラリさせていただいたんですが…。

『圧倒的ボリューム不足』というご意見が多々ありましたので、そのへんは期待せず軽いノリでプレイ開始です。

ちなみに水球のアニメは観てません。

主人公総受けだけど、ビッチ。

男が好きな俺様ビッチ受!藤堂アオ。

f:id:penkichi_201902:20190813222832p:plain


現時点、私の知ってる総受けビッチは、東京陰陽師天現寺橋先生ですね。ここでまた新たなビッチ受登場です。

東京陰陽師~天現寺橋 怜の場合~ V Edition - PS Vita

東京陰陽師~天現寺橋 怜の場合~ V Edition - PS Vita

 

 
でも先生とはまた違ったビッチなんですよね。なんというか、爽やかな…OPENビッチというか。ネチネチしてなくて嫌みがないです。

このゲーム全体がギャグ風味なので、このビッチ設定が結構ハマってて、ノリが良くてサクッと遊べるのがいいですね。

そう、まさにひと夏の思い出…というより、青春!みたいな。



ちょっと最初の方だけ始めてみたんですが…。

親の転勤で新しい学校に転入することになった主人公のアオ。新しい学校に向かう途中、不良少年にカツアゲされそうになったんだけどね。

アオ自らが人気のない場所へ引きずり込み、あっという間に相手のファスナーを降ろす。ここで、日頃から鍛えている『高速手コキ』をお見舞い!

一瞬で勃ってしまったカツアゲ君が「嘘だ…こんな、早く…」と震えているところに「踏んで来た場数が違うわな」ってw

カツアゲ君の仲間が不振がって走ってくるんだけど、「お前がホモだと思われてもいいのか!」と自分の中に挿れようと相手を脅します。

なにこの手練れのビッチ!!

 
なんでも前の学校で水球部にいて、地区大会準優勝までこぎつけた実績があるらしいんですよ。

それも彼が水球全員を喰ったことで、チームは一丸となり準優勝ってことみたいです。

なんかすごい設定www

 

転校先で幼馴染の陽太に再会し、事の成り行きで彼のいる水球部に入部するハメに。

f:id:penkichi_201902:20190814225931j:plain


この水球部がまたやる気のない連中ばかりで。

それでも、やるからには優勝したい!そこでアオが目をつけたのは、幼馴染と生徒会役員でもある眼鏡の後輩だった。

 


ということで、攻略キャラは2人。

ドジっ子オカンな幼馴染な上村陽太。

f:id:penkichi_201902:20190813222851p:plain


ワンコで眼鏡の生徒会役員、桐生尚紀。

f:id:penkichi_201902:20190813222913p:plain


眼鏡は先輩なのかと思ってたら、後輩だったのか!まずはドジっ子オカンに突撃しようと思います。

 

※ゲーム画像の著作権はBLTにあります。二次転載禁止です。

f:

BLゲーム Paradise 極 感想4 店舗特典 ドラマCD&SSの感想

 パ極、フルコンしてすっかり燃焼しました。


Paradiseは無印・結・極と全てプレイしましたが、どれもそれぞれに一長一短があったように思う。

初作で極限と狂気を、結で極致と未来。
極で真相と新境地…みたいな感じかな。

3作にそれぞれテーマがあって、たくさんのParadiseを楽しめたので満足です。

アニメイトオンライン Paradise極 通常版


ここからは個人的に好きだったところ。

パ極はシマダさんのルートが好きですね。サブキャラだから、スチルや登録されるシーンは少ないのが寂しかったけど。

彼が心揺さぶられるものは人間の本質的な部分だったと知ることができたし、カメラマンという職業やこれまでのイカれてる行動の裏付けにもなったかな。

基本的には「自分は自分、人は人」っていうスタンスなんだけど、アヅマ懐柔大作戦が始まってからは、アヅマ曰く…

 

カメラマンだから、食らいついたら離さねえ、スッポンみてえな気質。

 

あぁ、まさにこれ。あの手この手でアヅマの気を引こうとしてるのが、新鮮過ぎて萌え転がった。

 

あとはナンジョウがいいですね。キャラ的に。極では彼の一族における立場、生い立ちとか…犬の話?くらいで短かったんですが、ものすごくカワイイ人です。

お金持ちの小難しい坊ちゃん。当然親の愛にも恵まれず性格はこの上なくひん曲がっていますが、新しいアヅマという人懐こい犬を見つけ、俺が世話をしてやらねば…みたいな感じに思ってる。

補完として特典のSS読んだのですが、AmazonやホビガSSでこのCPがすごく好きになりまして。

これだけでは足りないので、ドラマCDも買う予定です。


アニメイトオンライン Paradise 極 ドラマCD ナンジョウ×アヅマ

 


これ以降、入手した特典の感想になります。簡単に済まそうと思ったんですが、かなり長くなってしまいました。ネタバレなので畳みます。

 

  • ホビガールズ特典ドラマCD『ナンジョウ先輩の放課後ロマン倶楽部への誘い』
  • ホビガールズ特典SS『それぞれの誕生日』
    • ミツギ×アヅマ『ロマンチック・ハンバーグナイト』
    • マツダ×アヅマ『本気印の誕生祝い』
    • タカラ×アヅマ『ハピバケーキと酒とフランベ』
    • ナンジョウ×アヅマ『「野蛮で退屈で…(略)」がなかなか悪くなかった件』
  • Amazon特典SS『カモンジョイナス
  • アリスNET特典SS 『シマダさんのお願い』

 

続きを読む

BLゲーム Paradise 極 感想3 フルコンプ タカラ・ミツギ・マツダ ネタバレ

Paradise極、フルコンプしました。

今回はメインキャラ3人衆。さすがこれまで攻略してきたサブキャラとは明らかに扱いが違ってたわ。限られた容量の中だからね。それはもう仕方ないことなのは重々承知してる。

逆に言えばここが一番の真髄となる部分なので、自ずと期待は高まるばかりで…。

アニメイトオンライン Paradise極 通常版

 

私がパ極で楽しみにしていた部分は大きく2つあった。

1.キドさんたちのグループと、どんな風に協力していくのか。
2.タカラ家の恨みの連鎖をどうやって断ち切るのか。

1.に関しては、ほぼキドさんがメインで活躍してた。彼の男気によって島を無事脱出できたことを思うと、ちゃんと見せ場があって後の展開へ繋がるようになっているので納得できた。

2.に関しては、キャラによって随分温度差があったように思う。自分たちの解放を求め交渉するに当たり、各々持ち場からアプローチしていくわけだけど…。ミツギに関してはこれがかなり弱く感じた。

各キャラルートで他メンバーの状態が見えにくかったのも残念かな。

メディアジャック→爆破予告→世間の反応、警察や国の動向など。このあたりをどこかのキャラでもいいから1本通して入れて欲しかった。

恋愛的要素に関しては、本編と比べるととてもわかりやすくなっていたように思う。結をプレイしてるかしてないかで、このへんは変わってきそうかな。

今作は、どうしてこんなに相手のことが気になり惹かれるのか。互いの矢印っていうんでしょうかね。そういうのがプレイしててよく伝わってきました。

ただこれは本編の方が好み!という方には、物足りなく感じるかもしれない。それだけ本編が強烈でインパクトがあったから。

パ極はキレイにまとまってしまっている感じかな…。荒さがないって言うのか。

でも真相解決篇、もしかしたらこんな結末もあったかもしれないいifルートと見れば、私は概ね楽しめた。

次回の感想では、入手した店舗特典ドラマCD・SSの感想を上げる予定です。

以降、タカラ・ミツギ・マツダネタバレ感想です。

ミツギルートに関しては若干辛口な部分もありますので、そういうのが苦手な方は読まない方がいいかもしれません。

 

 

続きを読む

BL雑誌 Cool-B Vol.87 感想 第2回BLゲーム大賞結果発表!

Cool-B Vol.87(2019/08/02号)感想です。
アニメイトで購入です。

今号はなんと言っても第2回BLゲーム大賞発表!

f:id:penkichi_201902:20190804125756j:image

この雑誌と同日にバクジャンのドラマCDも発売になっていて、私としては先週からParadise極→ドラマCD→Cool-Bと、それはもうBLまみれの1週間を過ごしました。

 

幸せ過ぎる!! 

では、以下感想です。
ネタバレです。
特に畳んだりもしませんので、ネタバレNGな方はご注意を。

 


1位~20位までと、個人的感想。

 

第2回BLゲーム大賞結果発表


印は私がプレイ済みの作品。

 

 1位 ラッキードッグ1 +bad egg
 2位 ラッキードッグ1
 3位 Paradise
 4位 古書店街の橋姫
 5位 きんとうか
 6位 贄の町
 7位 咎狗の血
 8位 GALTIA
 9位 大正メビウスライン
10位 魔法使いと天使と悪魔
11位 鬼畜眼鏡
12位 裸執事
13位 Bloody Chain
14位 薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
15位 DRAMAtical Murder(プレイ中)
16位 神学校
17位 王子さまLv1
18位 CAGE
19位 sweet pool
20位 Si-Nis-Kanto 

1位~4位までは中間発表から順位変更なし。
 
5位にきんとうか、ランクイン!確か去年のちょうどこのくらいの時期にプレイしました。これから彼岸に向けてプレイすると、かなり臨場感あっていいかと思います。

8位のGALTIAは未プレイです。積みゲー崩せたらプレイしてみたい。

それと驚いたのは17位の王子さまLv1。これはまた懐かしいタイトルが出てきましたね。私が初めてやったBLゲームです。

PC版でなくプレイステーションの方。当然エロなし。

ドラクエとかFF大好きで、RPGが大好物です。ドラクエ風な可愛くておもしろいRPGないかなーと探していたら、USEDで発見しまして。

パッケージ裏を見たら、ほとんどの敵が可愛らしい、もしくはかっこいい男の子。え?

なにこれ、私の為に作られたゲームやん!

BLとかって文字もあったような気がするけど、よく知らなくてレジへ。ルンルンでプレイしたら、ボーイズラブゲームというものだったと初めて知りました。

これが面白くて、気づいたらPC版や公式原画・設定資料集なんかも全部揃えてた。

f:id:penkichi_201902:20190804125825j:image

昔のBLゲーってこういう箱に入った仕様だったんですよねー。場所取って困るけど説明書がそこそこ厚みのある冊子になってて、簡単な資料集みたいにもなってるんですよ。

普通の説明頁の他に、スタッフのラフ画やイラスト、小話なんかが載ってます。開発陣がとても身近に感じられ、作り手の作品に対する愛がひしひしと伝わってきました。

f:id:penkichi_201902:20190804125916j:image

もともと男性向けのアダルトゲーム、アリスソフトの兄弟ブランドとして立ち上がったのが、このアリスブルーです。

プレイステーション2では同ブランドの『俺の下であがけ』がリメイクされ、主人公の黒崎(CV緑川さん)が熱唱する主題歌をどんだけリピートしたことか…。

アリスブルー本当に懐かしい。
 
今はもうなくなってしまいましたが、大好きなブランドです。王子さまシリーズが今のハードでCS化されたら泣いて喜ぶんですけどねぇ。さすがに厳しいよねぇ。うん、知ってる。

主人公部門はアヅマがトップに!
 
パ極効果??アヅマ、可愛いもんね。今ちょうどパ極やってるところなので、この結果がすごくタイムリーだった。

キャラクター部門はバクシー、シナリオ部門・ビジュアル部門・音楽部門は、悪卵が1位となってました。悪卵つえぇぇぇ。

👇ちなみに中間発表はこちらに記事ありますので、興味あったらどうぞ。 
 
 
以下、特集の感想。
 

ラッキードッグ1 +bad egg

 

未公開だったバクシーの身長・体重。カラーひよこたちは、それにプラスで誕生日と血液型が掲載されてました。

ジャンさん・バクシー・カラーひよこ・マックスがそれぞれ色々な質問に回答してます。これは嬉しいぃぃ!

バクシーへ『相棒や仲間たちに一言』っていう質問があるんですが。「ひよこども、俺とジャンが2人でいるときは空気読め」と回答。やっぱりそう思ってたんだwww

逆にひよこたちへも『2人の関係性についてどう思うか』という、かなり鋭い質問がありましてですね。このへんはキャラの性格が出た回答となっていて、興味深く拝見させていただきました。

悪卵好きな方にとっては、大変おいしい特集だったかと思います。

他、8/2に発売したドラマCDと12/20発売予定のサントラ情報が掲載。公式で販売されていたゲームの限定版にもサントラはついてたんですが、早い段階で売切れてましたね。

サントラ欲しかったけど入手できなかった方には特に朗報じゃないでしょうか。このサントラは新しくアレンジされた11曲が追加収録されるようです。トラックリストもあり。

各店舗では既に予約が始まってます。悪卵、まだまだ供給ありそうな予感…。

 

Paradise 極

 

早くも共通ルート解説・攻略チャートがありました。マツダ・ミツギ・タカラ・ナンジョウの個別ルートについてもスチル付きで紹介されてます。

私、まだフルコンプしてないので、さーっと眺めて終わりにしちゃいましたけど。

この4人のSSも1人に1頁ずつあって、今回はアヅマ誕生日の話だった。

…誕生日と言えば、ホビガールズで付いてきた特典SSも確か誕生日だったような。こちらはお相手の誕生日の話。

SSもフルコンプしたら、ゆっくり読もうと思います。

 

オメガヴァンパイア Switch

 

気づいたらプロトタイプの公式サイトがOPENしてました。特典情報も載ってましたが、いい加減遅すぎるわ。正直なところ、やる気ないのかな?と思いましたよ。

なかなか新しいタイトルがでないBLゲーム業界で、せっかくR18の壁を越えて世に出るワケですから。

せめてサイトくらいもっと早い段階で作って、店舗特典をTwitterでガンガン宣伝して欲しかったですね。

私はかりん通販で予約済です。

 

東京24区

 

おほー!ついにエロシーンきました。遊馬×其扇。しかも最中に、其扇秘書「お時間、あと30分ほどでございます」って。部屋の外とは言え、障子越しだよねこれ。

この秘書メガネが相当なくせ者じゃないかと思ってますが、いかがでしょうか。

それと、其扇SPのタイガ。ポジションは犬。優しさより命令が欲しいタイプ。

ごめん、他タイトルのキャラ出しちゃって申し訳ないけど、このSS読んでラキドのジュリオを思い出してしまった。

本当に今年中に出るのかな。完全新作、今年は24区以外出る予定ないので、もし年末あたりいけるようなら頑張って欲しい。

 

Cool-B(クールビー) 2019年 09 月号

Cool-B(クールビー) 2019年 09 月号

 

ドラマCD ラッキードッグ1 +bad egg ドラマCD『burrow digger dogs』ネタバレ感想 店舗特典SSの感想も…

バクジャン、ドラマCD聴きました!

発売されるのをずーっと待ってたよ。ゲームの後は雑誌やファンブックで追いかけてきたけど、やっぱりドラマCDは格別です。

精力絶倫なバクシーに対し『馬鹿ちんこ野郎』呼ばわりするジャンさん。常に盛ってるバクシーのお相手は大変みたいだけど、「仕方ねぇな」と言いつつも全てを受け入れる。

 

これはもう『愛だね、愛!』

 


アニメイトオンライン ドラマCD ラッキードッグ1 +bad egg バクシー×ジャン 『burrow digger dogs』CV.佐和真中・広山和重

 

ネタバレで感想上げたいので、全て『続きを読む』にしまってあります。OKな方はそちらへ進んでください。

それと、今回は特典のSS目当てで4店舗で購入。ゲーム中の様々なシーンを思い出しながら楽しめました!嬉しかったのは基本どれも色んな意味で甘み成分多めだったことですね。

f:id:penkichi_201902:20190804143520j:image

個人的にはとらのSSが好きです。

簡単ですが、SSの感想もUPしてます。こちらもネタバレですのでご注意を。

 

  • burrow digger dogs
  • アリスNET『とある朝の恋人たち』
  • シーガル『Reply-To:』
  • ステラワース『Exotic Boxingday』
  • とらのあな『Gun's Feed』
  • 最後に

 

続きを読む

BLゲーム Paradise 極 感想2 シマダ・ホンゴウルート ネタバレ

Paradise極、シマダ・ホンゴウエンド見ました。


アニメイトオンライン Paradise極 通常版

 

本編ではBADエンドしかなかった2人。思えばこのBADは結構きつかった。

だがしかし!

Paradise極で遂にGOODエンド追加と聞いて、プレイできるのを楽しみにしてました。

ただ、ホンゴウさんとのエンドは想像できるんだけど、シマダさんについてはどうあっても恋愛的な要素が思い浮かばない。

だってあの人、人間的に問題ありすぎるっていうか…。

いくら許容範囲の広いアヅマでも「シマダさんはちょっと無理じゃない?」と思ってました。

それがこんな萌えキャラだったとは!!

ホンゴウさんは、とにかく笑った。結ではかっこいい終わり方だったけど、極はホンゴウさんの反応がいちいち可愛くて、中の人が素晴らしかったw

 

  • シマダさん
  • ホンゴウさん

 

以下、シマダさん・ホンゴウさんのネタバレ感想です。

 

続きを読む

BLゲーム Paradise 極 感想1 ナンジョウルート ネタバレ

『Paradise』の3作目、もうひとつの可能性を描いた真相解決篇『Paradise極』プレイ開始してナンジョウのエンディングを見ました。


アニメイトオンライン Paradise極 通常版

 

発売前に原画家さんの途中降板騒ぎで何かといろいろありましたが、今ではプレイできて良かったと思っています。というか、かなり面白い。そして笑った。

感想内容は今後『Paradise』や『Paradise結』との比較になってしまうかと思いますが、真相解決というテーマに沿ったタイトルとして考えればの評価は高いです。

さすがに攻略キャラが6人もいるので、キャラによってボリュームの差がでるのは仕方ないですが、うまくまとめてあるな~といった印象。

そして1度そのキャラのGOODエンドを見て再度プレイすると、攻略キャラ視点が追加されます。これがキャラの掘り下げにもなっていて、良かったと思いました。

このキャラ視点は、シーン回想にも登録されます。GOOD・BAD見たのに埋まらない場合は、もう一度GOODエンドを辿ればキャラ視点のシナリオが出て登録されるかと思います。

それとスチルに関してですが。

原画家降板でどのくらい影響出ているのか心配だったのですが…。まあ概ね大丈夫でしたよ。さほど気にならなかった。

ただ正直申し上げると、たまーに「これもしかしたらあの方が描いたのかな?」というのはありました。このへんは個人差あるので、あまり参考にしないでください。

攻略については、基本はそのキャラを選んでいけばルートに入れますし、難しい選択肢は特になかったかと。

ただナンジョウに関してはやや特殊なので、どうしてもルートの入り方がわからないという方は目次から『ナンジョウルートの入り方』へ飛んでください。

それ以降はネタバレですので気をつけてくださいませ。

 

 

共通ルート

 

全体的にかなりマイルドになってる!

私は本編『Paradise』が精神的にキツかったので、この辺に関しては安心してプレイできました。本編のエグさがいい!と思った方には物足りないかもしれない。

今作は真相解決篇ということなので、何をするにも全員が絡んできます。例の4人組に至っては、まさかのキドさんが大活躍!本編では残り少ない食べ物を勝手に奪い、マツダにボコボコにされてたのに。

いやー、もう人が変わったのか?ってくらい熱い男だったわ。仲間の死を悲しむ姿や、アヅマを庇ったりするシーンとか。

実は私。最初ナンジョウ狙いだったんですよ。ナンジョウは最初全然登場しないので、うっかり個別ルート入らないよう全員順番に選択肢を選んで進めてたんですよね。

そしたらログハウスが火事になった時、キドさんが助けにきたんですよ!

f:id:penkichi_201902:20190728210307j:plain


え?なぜキド!?

しかも、その後キドさんの部屋で休むことになりまして。部屋に入った途端アヅマが『強烈な男臭さ!』って大笑い。おまい、一応命の恩人だからさ。

このまま進めていくと、ミコシバさん登場後に仲間内で揉め事が多発してBADエンド。しかしキドさんの雄姿を見たい方は是非!

共通部分は、冒頭でアヅマがタカラの荷物をパッカーンした(ぶちまけた)のが全ての始まり。かなり早い段階で黒幕が判明します。

f:id:penkichi_201902:20190728210324j:plain


このゲームをプレイする方のほとんどは本編を既に終えているかと思うので、比較しながら楽しんでプレイできるかと思います。

もしまだ本編やってないよという方がいましたら、是非本編と結をプレイしてみて欲しいです。

ではこれ以降、ナンジョウエンドについてネタバレ感想です。

 

ナンジョウルートの入り方


選択肢でマツダ・ミツギ・タカラを同じくらい選び、ミコシバさんが登場する選択肢で『誰にも聞かない』を選ぶと入れるかと思います。

私の場合はスタートから以下の選択肢で入れました。4Pルート狙いがナンジョウルートだったようです。

タカラ
タカラ
ミツギ
ミツギ
マツダの部屋
ひとまず休む
誰にも聞かない

 

ナンジョウ


新キャラです!タカラの兄ちゃんで、敵側の人です。

8月にはドラマCDも発売されるので、マツダ・ミツギ・タカラといった主要メンバーと同じ扱いかと思ってました。

これを書いている段階で上の3人は攻略してないので、話のボリュームにどのくらいの差があるのかはわかりませんが、スチル・シーン回想枠は3人の半分以下。ちーん。

GOODエンド後も、え?ここでもう終わりなんだ…という具合でした。もっとナンアヅを堪能したかった。このへんはホビガの特典SSやらCDで補いますけどね。

一族であるにも関わらず人を食べたりせず、今の一族の在り方を変えたいと思っている人。性格は高慢ちきで短気。本来は兄であるナンジョウが跡取りとなるはずだったが、素質がないと父がナンジョウ家へ養子に出す。

実の父から息子とも思わないような態度を見て、アヅマが小さいころ親から虐待されていた過去と境遇が似ていると感じナンジョウを嫌いになれないでいる。

一方ナンジョウはアヅマを犬のように思っているっぽい?昔飼ってたサモエドのキンタの首輪をアヅマに使ったことで、うるさいやつだけど主として最低限の世話はしてあげなければいけないと思っている…風w

f:id:penkichi_201902:20190728210351j:plain


アヅマもアホだけど、ナンジョウもまた違った意味で残念な子というか。タカラやアヅマから詰めが甘いと言われているが、むしろそこがアヅマが嫌いになり切れない理由のひとつかと思う。

一族から存在を疎まれ続けひねくれた性格になったけど、自分にうるさく構ってくるペットのようなアヅマがどうにも気になるみたいで、この関係性がものすごく萌えるわ。

ラストはナンジョウからの種明かしがあり、アヅマたちの計画を陰ながらサポートしていたらしい。

一族の在り方を変える為には1度リセットする必要があったという言葉通り、ホウライグループを1度解体し、自分が次の後継者となるよう動く算段だったのかな?

こうして一族の復讐劇も幕を閉じアヅマたちは晴れて自由の身となる。

その後しばらくして、パンを買ってアヅマ宅へ朝早くに訪れるナンジョウ。パンが入った袋片手に憎まれ口を叩くナンジョウを見て、アヅマも文句を言いながらも再会を嬉しく思ったようで笑顔に…。

ナンアヅは、まだまだこれからだね的に終了しました。物足りないけど、このCP好きだよ。

 

〇ナンジョウのお気に入りボイスコレクション


ナン『うるさい。お前のようなボウフラと違って、俺はデリケートでナイーブなんだ』
アヅ『デリケートな人間はボウフラとセックスしねえよ』

 

 

※ゲーム画像の著作権はPIL/SLASHにあります。二次転載禁止です。画像を個人で楽しみたい方は、PIL/SLASHのオフィシャルサイトから取得してください。

f:id:penkichi_201902:20190524001118g:plain

2019年7月28日、公式サイトへ画像使用を申請済です。